食前キャベツダイエット

その名のとおり、食前に生キャベツを食べるだけのダイエット方法です。
食材はキャベツだけという手軽さから人気が高く、現在も多くの方が実践されています。
食前にキャベツをよく噛んで食べることで、満腹中枢が刺激され食べ過ぎを防ぐ効果があります。
基本的なやり方は、キャベツ1/6個(約200g)を5cm角のざく切りにし、食事前にそのざく切りにしたキャベツを10分かけて食べます。
よく噛んで食べることが重要です。
この時キャベツには、ノンオイルのドレッシングなどを使用します。
ノンオイルであればどんな味付けでもOKです。
そして、お腹がすいた時はキャベツを食べます。
いつでも食べられるように、キャベツのざく切りを保存しておくと便利です。
注意点として、1日にタンパク質を70g摂る必要があります。
タンパク質は、ダイエットに必要不可欠な筋肉と基礎代謝を維持するために欠かせません。
また、1日5種類のタンパク質をバランスよく摂りましょう。
ごはんは1日茶碗2杯分までにしましょう。
普段茶わん1杯のごはんを食べている場合は、1回の食事で茶わん2/3杯を目安に食べるとストレスなくごはんの量を減らすことができます。
甘いものが食べたくなった場合は、おやつとして果物を食べましょう。
量の目安は、握りこぶし2個分です
最後に、どのダイエットにも共通しますが、我慢を重ねると結果的にストレスが爆発し、暴飲暴食に走ってしまいます。
ダイエット中にストレスを感じた時は、息抜きをしましょう。
「ストレスとどう向き合えるか?」がダイエットの成功を左右します。