食べ物の大切さ

食べ物は昔から大切に食べないといけないといわれてきました。
これは今も同じです。
食べることができない国の方もいらっしゃいますし、食べたくてもお金に困り食べることができない方もいらっしゃいます。
日本ではこのような方々は、国の支援もあり少なくはなってきていますが、まだまだ苦労されていらっしゃる方は沢山いらっしゃいます。
ですから食べ物は絶対に粗末にしてはいけないことになります。
食べることができるからこそ人の体はしっかりと動くことができています。
食べる物が無かったら体は動きませんし、餓死してしまいます。
だから食べ物は人の体にとってなくてはならない物なのです。
食べることと動くことによって人の体には筋肉がつき重たいものを持ったり、動き回ったりできることになります。
生活する中で一番重要になる普通のことができるのとできないのでは、全然ちがいますね。
日本は恵まれている国なのです。
筋肉をつけるほどの食事ができるからこそ毎日の生活ができ、ハードな運動や仕事に耐えることができています。
食事の中でしっかりとした栄養を取っているからこそ運動や仕事が可能になっているありがたさを忘れてはいけません。
日本も戦後には食べ物に困った時期があったそうですが、いまでは想像もつきません。
戦後時代の苦労を今でも引き継いでいるからこそ日本の文化があります。
その中の一つに食べ物を粗末にしないという教えがあることは今後引き継いでいかなくてはなりません。