脂肪燃焼スープダイエット

脂肪燃焼スープダイエットとは、野菜スープを中心に、7日間あらかじめ決められたメニューを食べる、いわゆるプチ断食系の食事ダイエットの一種です。
脂肪燃焼スープの魅力は、たっぷりの野菜を食べることで、食物繊維をたくさん摂取でき、腸内環境が改善され便秘が解消される効果が期待できます。
また、血がサラサラになって血行が改善し、代謝がアップする効果が期待できます。
さらに、身体の中からキレイになるので、免疫力が上がり病気になりにくい身体作りができます。
脂肪燃焼スープの作り方は、野菜類(玉ねぎ3個、セロリ1本、キャベツ半玉、トマト3個、にんじん1本、ピーマン1個)とコンソメキューブ1個と生姜1片を、水2~3リットルで柔らかくなるまで煮こむだけです。
このダイエット法は次のスケジュールで行います。
1日目はスープとフルーツ(バナナ以外)のみの日。
2日目はスープと野菜のみの日。
油を使わなければ野菜の調理法は自由。
豆、スイートコーンを除いて種類も自由です。
3日目はスープとフルーツと野菜の日。
4日目はスープとバナナ(3本)、スキムミルクの日。
スキムミルクは適量を水で溶いて500mlにして飲みます。
5日目はスープと肉とトマトの日。
肉は。
豚肉、皮なしの鶏肉、煮魚、牛肉を350g~700g、トマトは6コまで食べれます。
6日目はスープと牛肉と野菜の日。
牛肉の量に制限なし。
7日目は玄米と野菜とフルーツジュース(100パーセント果汁)の日。
ただし、体に必要不可欠な栄養素を十分にとれない日があるいわゆるプチ断食の一種なので、実行の際には体調に留意し、無理をしないようにしましょう。