簡単にできる空腹感の対処法

ダイエットに挫折してしまう人の殆どが、空腹感の辛さに耐えきれず、その反動でドカ食いしてしまうことに原因があると思います。
そんな「どうしても空腹が我慢できない」という時の対処法をご紹介します。
まず、炭酸水を飲むことが考えられます。
酵素ドリンクダイエットなどは、炭酸水で割って飲むのが一番空腹感を感じにくいと言われており、炭酸水でお腹が膨らみ、胃腸が刺激されるので便秘予防にもなります。
ガムを噛んでみましょう。
噛むと言う行為はそれだけで満腹中枢を刺激するので、長く噛むほど空腹感を抑えることができます。ガムだけではなく、昆布やするめいかでも代用出来ます。
どうせ何か口に入れなければ収まらないというのならば、ナッツ類がおすすめです。
腹持ちが良く、良質の脂肪と食欲を抑えてくれるタンパク質を豊富に含んでいます。スーパーフードのアーモンドは栄養価も高く、特におすすめです。但し、食べすぎると高カロリーなので、あくまで少量食べるのがポイントです。
また、歯磨きをするのも空腹感を減少させるのに有効です。
なぜなら、歯磨きは普通食後にするものですが、空腹時に歯磨きをすることで、脳が「もう食事は終わったのかな?」と思い込み、空腹を感じさせる指令を出さなくなります。
意外にも運動をすると空腹感は収まります。
空腹感は血糖値の下降が原因です。運動することで肝臓に蓄積されていた糖分が分解され、血液中に溶け出し、血糖値を上昇させるという効果があります。
ドカ食いしてしまう前に、これらの方法を試してみてはいかがでしょうか。