空腹感に慣れてダイエットを成功させよう

ダイエットをしてる時に一番ツライと感じるのが空腹感ですね。
実際にこの空腹感が我慢できず、ダイエットを断念してしまう人も多いのではないでしょうか。もし空腹感を克服できれば、それはダイエットの成功に一歩近づくことになります。
まず提案があるのですが、この空腹感を克服するために少し考え方を変えてみてはいかがでしょうか。
動物界を見てみると、動物の通常の状態は空腹です。ほぼすべての動物が、この空腹を満たすために日夜活動しています。
人間も同じ動物です。ここ数十年前までだって、人間の多くは一日の殆どの時間を空腹状態ですごしてきました。もちろん、食事をとれば満腹状態になりますが、それも長くは続かずまた空腹状態に陥ります。
つまり人間にとって空腹を感じている状態がノーマルであって、空腹ではない状態はほんの短い時間にすぎなのです。
食事を減らした結果として経験する空腹の状態が普通であり、「お腹がすいているのは普通の状態だ」としっかり認識することが大切です。
こうやって空腹状態を良しとする認識ができれば、ダイエットはそんなに苦しくないと思えるのではないでしょうか。
ダイエットが苦しく感じるのは、なにか異常にがんばっているという認識があるからです。これが普通の状態だと認識することが精神的にも楽にさせてくれるはずです。
また、ダイエットでいう空腹感に慣れるというのは、胃が小さくなり少量の食べ物で満足できる体へ慣れてくるという意味です。何も食べない事に慣れるという事ではなく、太る食べ物を食べない事に慣れることです。
これらのことを参考にして、是非ダイエットに挑戦してみてください。