漢方でダイエット

医薬品というイメージの強い漢方薬ですが、ダイエットにも用いることができます。
色々なダイエットを試しているのに、なかなか皮下脂肪が落ちないという方は、運動や食事制限に漢方薬をプラスしてみるといいかもしれません。
数ある漢方薬のなかで、皮下脂肪に効くと言われているのが「防風通聖散」です。
防風通聖散は、中国の医学書『宣明論』に記載されている漢方薬で、宣明論は、中国の劉河間という人物が1172年に書き記したものです。
このことから、この漢方薬が800年以上も前から存在していることがわかります。
防風通聖散は、お腹のまわりについた皮下脂肪を落とすのに役立ちます。
これは18種類もの生薬のなかに、脂肪を分解・燃焼する働きを持つものがあるためです。
また、肥満の人にありがちな便秘を解消したり、発汗・利尿作用、さらに高血圧からくる肩コリ・むくみ・のぼせといった症状にも効果を発揮してくれます。
肥満や皮下脂肪太りで悩む人にとっては、嬉しい作用ばかりとなっています。
ただし、防風通聖散を服用するにあたっては、いくつか注意しなければいけないことがあります。
まずこの漢方薬は、体力のない人・胃腸の弱い人・妊婦さん・高齢の方には不向きであるということです。
またここであげた以外にも、さまざまな注意事項があるので、服用前に必ず医師や薬剤師に相談するようにしましょう。
防風通聖散は病院で処方してもらう他、ドラッグストアなどでも(第2類医薬品)防風通聖散エキスが含まれているものを購入することができます。