夕食時間の鉄則

ダイエットをしている方にとっては、「一番痩せる方法」はとても気になると思います。ここでは、一番痩せる方法の中でも夕食の取り方のポイントを紹介します。
ダイエットを考えている方なら知っていると思いますが、夕食の鉄則は、就寝の3時間前には食べ終わっていることです。太らないように気を付けている方なら実践していると思いますが、知らなかったり実践できなかったりする方は、「自分は太りやすいな」と感じていると思います。就寝前3時間以内に食べないことを守ることで、太りにくくなるだけでなく、美容にも良い効果があるので実践しましょう。
食事を抜いたり、満足いかないダイエット食品に置き換えたり、炭水化物を我慢したりなど、ストレスのたまるダイエット法をするよりも、夕食の時間を守ることを実践した方が痩せることができるのです。
寝る前に食事をすると、眠ろうとしても胃は消化さるために働きます。そうなると、脳に血液が送られなくなりぐっすりと眠ることができなくなってしまいます。浅い眠りは、成長ホルモンが分泌されないので、十分に脂肪の分解と燃焼が行われずに、ダイエットには良くありません。
寝る前3時間食べない方法はとてもダイエット効果がありますが、それでもストレスが溜まってドカ食いしてしまいそうという方は、おやつを食べても良いです。でも、おやつはいつでも何でも食べても良いわけではなく、お昼の3時に血糖値の上がりにくいヨーグルト、ゼリー、プリン、ココアなどにしましょう。なぜ3時かというと、この時間は脂肪が蓄積されにくく、太りにくいと考えられているからです。
これらのことを守って、楽しくダイエットを続けられると良いですね。