ラクトフェリンについて

ラクトフェリンは、人の母乳や、多くの哺乳動物の乳に入っているもので、いろいろな感染防御機能を持つタンパク質です。
ラクトフェリンは、涙、唾液、鼻汁、胆汁、羊水といった体にあるほとんどの外分泌液に入っています。
血液中にもあります。
ラクトフェリンは特に、出産後数日間の母乳に最も多く入っています。
初乳は、様々な感染症から赤ちゃんを守るために、大変役立つ貴重な成分なのです。
外部から侵入してくるウイルス、細菌による攻撃から体を守る防御因子です。
生まれて間もない赤ちゃんの体にはまだ何の抗体もありません。
母乳を通じて母から得られる成分によって、体を守る効果があるのです。
出産後5日以内の母乳の中には、100mlあたり約600mgものラクトフェリンが入っているそうです。
出産後3週間以内になると、100mlあたり約200mgになるそうです。
ラクトフェリンは、牛乳にも含まれています。
それは殺菌される前の牛乳、生乳のことです。
生乳も牛が赤ちゃんを育てているものなので、ラクトフェリンが入っています。
しかし私たち人間の母乳に比べると、10分の1程度しか入っていません。
いかに人間の母乳に多くのラクトフェリンが入っているのかがわかります。
ラクトフェリンには、感染防御機能以外にも様々な効果があります。
科学的に証明されているものもありますが、そうではないものもあります。
免疫療法に関する分野での注目度も高く、治療薬として様々な研究もされています。
次に、ラクトフェリンの持つ効果について説明していきます。