ダンベルでの筋トレの種類

ダンベルを使った筋トレの種類をご案内いたします。
筋トレにはダンベルという器具は欠かせない存在です。
鍛えたい部分ごとにダンベルの使い方はいろいろとありますから、詳しく紹介していきます。
大胸筋の鍛え方では、ダンベルフライやインクライン・ダンベルフライ、ダンベルベンチプレスやインクライン・ダンベルベンチプレスなどあります。
大胸筋は筋肉の中でも大きい筋肉ですから、鍛えれば鍛えるほど大きく成長します。
体を大きく見せたい人はこの大胸筋を鍛えるといいでしょう。
これだけ見てもダンベルは沢山の使い方があることがわかりますね。
更に上腕二頭筋では、ダンベルカールやインクライン・ダンベルカールなどです。
夏の薄着の時期に太い上腕二頭筋が見えると迫力のある体で自慢することができます。
その他、上腕三頭筋では、サイドライ・トライセプス・エクステンションやトライセプス・キックバックなどがあります。
上腕二頭筋と同様目立つ筋肉ですから、上腕二頭筋とバランス良く鍛えると見栄えのいい筋肉となります。
肩の鍛え方ですが、フロント・レイズやリアレイズ、サイドレイズにショルダープレスなどがあります。
背中はワンハンド・ダンベル・ローイングです。
同じ部分を鍛えるにも一つのダンベルでいくつもの鍛え方があるので、バランス良くやっていくことも必要となります。
一つをがむしゃらにやってしまうよりも体の全体的なバランスを見ながらやっていきましょう。