ダイエット日記ノススメ

電卓が普及してからかなりの年月になりますが、発売当初は高額だったといわれていることから、購入に踏み切れなかった人もいたかもしれませんね。
また、電卓の計算が合っているか心配で、ソロバンで検算した人もいるのではないでしょうか。
いまは、インターネットの普及により、パソコンや携帯端末に備わった便利機能のフル活用ができますね。
年賀状の印刷もラクラクできます。
そんななか、あえて「手書き」にこだわる方法もオススメです。
手書きの文字を見聞きすると、その人の個性を感じるため、活字慣れした時代にあって却って貴重な存在かもしれません。
このようなことから、ダイエット記録を手書きで行う方法が注目されています。
ダイエットするためには体重を把握することも大切ですが、「無料アプリ」を使わない「手書き日記」ならではの魅力があります。
日記に記す内容には、毎日の体重をはじめ、食事内容、運動記録などがあります。
また、体脂肪率などを記録してもいいでしょう。
日記は市販のノートを使うほか、広告の裏面を活用すると無料になることから経費の節約にも役立ちます。
カレンダーの写真やイラストなどを使って表紙にするとキレイになりますね。
ノートの大きさもポイントですが、外出先で食事内容を記録したい人は、小さいサイズを選ぶと持ち運びに便利ではないでしょうか。
ダイエット日記は長く続けることが大切です。
たとえば「食事」を記録する場合、食べたものを書くほか、カロリー計算の結果をいっしょに記録する方法もあります。
そのため、自分に合った方法を選ぶことをオススメします。