スープダイエットにデメリットはあるのか

スープダイエットは本当に良いことずくめで、デメリットなどなかなか思いつきませんがあるのでしょうか。
いろいろな意見を聞いてみますと、スープだけではタンパク質が不足するという意見があります。
しかしながら脂肪燃焼ダイエットでは、1週間のうちの2日もお肉を食べられる日があります。
5日目は赤肉OK、6日目はステーキもOKというダイエット法なのです。
それを楽しみにして、それまでの4日間を乗り切れますよね。
また、4日目には無脂肪のミルク(市販されていますが、ご近所になければスキムミルクでも可)もOKということになっていますので、通常の食事に比べますとタンパク質は少な目ですが、健康に害になるほどではないですし、たまにはそのような日もあって良いのではないでしょうか。
スープダイエットはお手軽なのが売りでもありますから、あまり細かく栄養配分を考えたりカロリー計算をしたりということは避けたいものです。
医療現場で採用されているダイエット法ということで、心配ないと思います。
どうしてもタンパク質が少ないことを気にしてしまうかたは、市販のスープにレンジで温めたお豆腐などをいれてはいかがですか。
お豆腐は、洋風でも和風でも中華風でも、ほとんどの味に合う食材ですから、違和感なく食べられますよ。
また、スープの種類によっては、お湯を少な目で温めた豆乳や牛乳を入れると一段と美味しく食べられるものがあります。
スープはお湯を注ぐだけのお手軽なもので、他にもう一品、ヨーグルトやチーズを少量食べても良いのではないですか。
そのくらいであれば、ダイエットに支障はありませんし、上質なタンパク質もちゃんと摂ることが出来ます。
その上、お湯の量で味の濃い薄いも好きなように調節できます。
スープは、いろいろと工夫して食べられるものですので、栄養面でもその他でもデメリットは見つけにくいですね。
やはり良いことずくめのスープダイエット、是非、お試しください。