サラダの具にも気をつけよう

あなたはこれまでに一度でもダイエットをしようと決意したことがありますか?
鏡を見て自分の体の変化に気づいた時、体重が増えていた時、以前は履けたズボンがきつくて入らなくなった時…。
ダイエットをしなくては思うきっかけは人それぞれです。
今では様々なダイエット方法が巷に溢れています。
炭水化物抜きダイエットや置き換えダイエットなど、比較的シンプルなルールのものが多いですよね。
しかし、ダイエットを成功させるには、やはり野菜中心の食事にするのが一番。
自ずとヘルシーになりますし、サラダを食べれば脂肪を燃焼してくれる酵素も摂取できてダイエットにとても効果的です。
「サラダには手作りのヘルシーなドレッシングをかけているから、どれだけ食べても安心」
と油断していませんか?
一見、サラダに手作りドレッシングはとてもダイエットに良さそうた聞こえますが、ドレッシングに気を使っていれば良いわけではありません。
サラダの内容によっては太るサラダになっている可能性があるのです。
太るサラダを作ってしまう具材は、チーズやコーン、ツナなど、糖分が多いものや脂肪分が高いものになります。
これらはサラダをとびきり美味しくする魔法のような食材ですが、ダイエットには不向き。
できる限り控えましょう。
おすすめは、腹持ちも良くて低カロリーな海藻やキノコ。
タンパク質源も摂取するのなら、豆腐や蒸し鶏がダイエット向きです。
サラダの具にも気をつけて、手作りのドレッシングをかければ美人のサラダが出来上がりますよ。