アルコール類を控える

仕事が終わったあとや、ジムでめいっぱい運動したあとの冷えたビールは、とても美味しいですよね。
スポーツドリンクなどよりも、断然ビール派というかたも多いことでしょう。
最近は、糖質オフのアルコール類も増えてまいりましたので、ダイエット中にアルコール類を飲んではいけないというダイエットの掟が、当てはまらなくなってきましたね。
その上、アルコール類のカロリーは、体内に残らないカロリーだということもわかってきています。
それでは、何故、今に至ってもまだアルコールを飲むと太るという説が当たり前のように言われているのでしょうか。
一番の原因は、アルコール類を飲むときに食べるおつまみにあります。
根っからのお酒好きのかたは、おつまみなども食べずにひたすらお酒だけを飲み続けると言いますが、通常のかたは、おつまみを食べながらお酒を飲みますよね。
そうしませんと、アルコールによって胃を荒らしてしまいますから、無いよりはあった方が良いというのも事実です。
ですが、おつまみは揚げ物など油を多用したものが多いですし、あっさりとしたおつまみだけでは物足りないので、どうしても濃厚なものも食べてしまいませんか。
しかも、お酒を飲む時間は、日中よりも夜のほうが圧倒的に多いので、飲んだり食べたりしたものを完全に消化する前に寝てしまうなど、太る原因が複数あるわけです。
だからといって、アルコール類がお好きなかたにとっては、お酒抜きのダイエットなど絶対に続かないと言われそうです。
ダイエットをする前から続かないと思っていては、本当に続きませんので、方法を考えましょう。
できるだけ糖質オフのお酒を選び、脂っこくなくて消化のよいおつまみを食べるようにすれば、摂取カロリーがかなり少なくなると思います。
仕事帰りやジム帰りのビールがやめられないかたも、早速、そのようにしてください。