まずは食事から

食事の量やカロリーを一気に減らしますと、ダイエットが続かない場合が多いです。
減らした直後は、体重が減って嬉しくなるかもしれませんが、しばらくすると体重が減らなくなる停滞期がやってきます。
せっかく食事を減らしているのに体重が全然減らなくなりますと、精神的にもガッカリしてしまい、やる気が無くなってしまいます。
そのような時期に、リバウンドしやすいです。
ただでさえ、お腹いっぱい食べたいのを我慢しているわけですから、そのような停滞期を待たずしてほんの数日でリバウンドしてしまうかたもけっこういらっしゃいます。
そのようなかたは、多分、それほど体重が重くないので、ダイエットに対する覚悟ができていないのかもしれません。
いずれにしましても、食事は毎日のことですから、やはりそこからダイエットに繋げていくのが賢い方法だと思います。
ダイエットのスタート時点から、食事も減らして、ジムで運動もして、となると生半可な決心では絶対に続かないからです。
ジムは少しだけ後回しにして、食事に関しても、少し長めのスパンで計画を立てましょう。
一気に痩せたい気持ちはもちろん理解できるのですが、確実に痩せることを考えれば、長い目でみて、少しずつカロリーを減らしてゆき、それに身体を慣らしてゆくのが良いからです。
今までと同じ運動量でも、身体に取り込むカロリーが少しずつ減っていけば、その分、体重も同じように少しずつ減ってゆきますから、そうしますと嬉しくなってもっと続けようという気持ちになってゆくものです。
ただ、そのような方法であっても、体重が減らない停滞期は必ずやってきます。
多数のかたが、そこでダイエットに挫折してしまうわけですが、停滞は必ず通り過ぎるものです。
そして、通り過ぎればまた、徐々に体重が落ちてゆきます。
必ず通り過ぎるものだと、あらかじめ知っていれば耐えることがそれほど苦痛ではなくなるでしょう。